高校生が経験すべきアルバイト

高校生にアルバイトにおすすめするのであればコンビニエンスストアの店員だ。

なぜならば、社会人になるための予行練習にうってつけの仕事だからだ。

コンビニエンスストアの店員は、ただレジを打って商品を袋に入れて、
おつりを渡してあげればいいというものではない。

まず、お客様が店内に入ってくれば「いらっしゃいませ」の挨拶は必ずしなくてはいけない。

ここで、挨拶の重要性を学べ、ここでの経験は習慣となり、
社会人になった時には自分でも気づかないくらい「自然に挨拶ができる人間」になっているはずだ。

次に、会計時にはお客さまが選んだ商品によっては冷たいもの、
温かいもの、雑貨と自分で判断し袋を別にする必要がある。

ここではいかに細やかなサービスができるかという事が経験でき、
それは状況に応じて「気の利いた行動ができる人間になれる」ことに繋がる。

コンビニエンスストアの店員というのはお客様と1対1の接客が求められる。

高校生にとっては、収入を得るために自分がやらなくてはいけない事を肌で感じる事ができるこのお仕事をおすすめするし、
この経験は社会人になった時に必ず必要とされる能力なので身に付けて欲しい。